ロールカーテン 大阪、京都

ロールカーテンの選び方のポイント

真っ先に考えてしまうのはシルエットやデザイン、カラーなどだと思いますが、最近では「防炎」も重視されるようになってきています。

火事が起こったとき、炎の勢いが一気に加速するのは布団とカーテンが燃えたときだと言われ、それを少しでも抑える為にも防炎を選ぶ人が増えてきています。

また、カーテンの大きな役目として温度調節がありますが、光を遮断しつつ風通しのよい素材なども開発され、より快適に過ごせるよう日々改良が進められています。

値段やデザインも大切な判断要素ですが、そういう面も考慮して選んだほうが快適な生活を得られるかもしれません。
選ぶときは慎重に。

ロールカーテンの中でおすすめと言われても、デザイン的なところは個人の好みによりますし、サイズも自分が必要とするサイズによってことなります。
ですので、おすすめというものを挙げるのは難しいのですが、強いて言うのであれば、「防炎」タイプのものをおすすめします。

カーテンの一番の役目は、外からの目隠し、そして光の量を調節することですが、使い方次第(商品次第)では防災グッズとしても機能します。

万が一火災が起こった場合、防炎のロールカーテンを使用していれば、火が回るのを少しでも遅くすることができ、その間に消防車が到着すれば被害を最小限に食い止めることができます。

カーテンの色

カーテンは窓に取り付けることで、外から室内に差し込む光を遮断することができます。

また、周囲から室内が見えるのを防ぐ役目もあり、プライバシーの保護にもなります。カーテンを取り付けていない窓があれば、取り付けてみてはいかがでしょうか。

自分の部屋にカーテンを取り付ける時は、部屋のイメージに合わせて選びましょう。無地のカーテンは、インテリアカラーコーディネートがしやすく、比較的安価で購入できます。

例えば、茶色のカーテンは安心感と落ち着きの印象を与えてくれます。緑は安らぎや疲れを癒す効果があり、青は冷静さや涼しさの印象を与えます。

黄色は集中力や判断力をUPさせるなど、色によってさまざまな心理効果がありますので、気分に合わせて色を選びましょう。

抗アレル物質のカーテン

きっと普段からアレルギーに悩まされている人も多いのではないでしょうか。花粉症の人は春になると窓を開けるのをためらってしまう事もある様です。しかし、抗アレル物質のカーテンを設置する事によって、花粉などの物質が室内に入るのを防いでくれる役割があります。

どうしても花粉などに悩まされている人に、抗アレル物質のカーテンがおすすめです。抗アレル物質のカーテンと言ってもおしゃれな物が多いので、一見するとその様な素晴らしい機能があるという事は分からない場合も多い様です。

春までに抗アレル物質のカーテンを購入して設置しておくのもいいかと思われます。カーテンを買う時には他にもいろんな事を考えて選びましょう。

光沢感のあるカーテン

質感がきれいに見えるカーテンというのは、やはり美しく感じる事もあります。カーテンの生地には光沢感がある素材が使用されている事もあります。

カーテンの美しさにこだわるのであれば、質感は大事になって来るでしょう。また、光沢感のあるカーテンは光によって見え方が若干違ってくる事もあります。

カーテンの質感に関しては個人的な好みが深く影響している事もあります。中には光沢感がない物までありますので、何より自分が本当に欲しいと思う物を手に入れる事が大事でしょう。分からない時には、商品のラインナップをチェックしてみると分かりやすいでしょう。また、現在使用している物の使い勝手を参考にする事もできます。

季節を問わず使えるカーテン

きっと夏には夏用のカーテンを設置して、冬には冬用のカーテンを利用している場合が多いと思います。

しかし、季節が変わるごとに取り換えるのは面倒だと感じる様であれば、季節を問う事なく一年を通して利用する事ができるカーテンというのもあります。

なかなかカーテンのお手入れがしっかりとできないという人であれば、年中使用する事ができるカーテンであれば、便利ではないかと思います。そして、汚れが付着しにくい素材が用いられている場合には、お手入れの頻度を減らすという事もできます。部屋の中だからこそ、きれいにしておきたいが、お手入れを行っている時間が十分に取れない時には、工夫しましょう。

カーテンの買い忘れに注意

新居に移る時というのは、引っ越しの準備などでかなり慌ただしくなる事もあります。買い物をしないといけない物もたくさん出てくる可能性があります。そんな中で、カーテンの買い忘れには十分に注意する必要があります。

引っ越しした初日からカーテンがないと、部屋の中が丸見えになってしまいます。昼は特に問題なくても、夜間になるとカーテンがないと困る事もあります。

また、カーテンはその場で持ち帰る事ができる商品もありますが、中には、注文した後に加工が行われる場合もあり、その場合には完成するまでに時間がかかる事もあります。

カーテンの買い忘れに注意すると同時に、早めに手に入れる様にしましょう。

ロールカーテン等のカーテン関連ページ

ページのトップへ戻る