ロールカーテン 大阪、京都

リフォームローンと税額控除について

リフォームローンの契約時には、税金の控除額の仕組みについて、正しく理解を深めることがとてもおすすめです。

最近では、人気のあるリフォームローンの利用価値に関して、数多くのメディアで紹介が行われることがありますが、常日ごろから役立つ情報源を見つけることが良いでしょう。

また、控除される税金の種類や金額については、それぞれのリフォームのケースによって、大きな違いが出ることがあるため、定期的に税務署などに相談を持ち掛けることがコツです。その他、既にリフォームローンを利用している人から直に助言を受けることも有効です。

リフォームローンで家電は買えません

リフォームローンでということで金融機関から資金を融資してもらい、その資金で家電を購入しようと考えていませんか。そのような場合は、融資型詐欺に当たります。

リフォームローンで使えるのは建物の増改築や改修など住宅のリフォームの際に利用できるローンで、ほかのものには使用できません。そのため、契約書や見積書、リフォーム前の写真の提出をしているのです。

でも、リフォームをきっかけに家電を一新させたい、という方もいらっしゃるかと思います。自腹で購入の場合は問題ありませんが、ローンの費用で購入したということで見積もりに上乗せすれば詐欺行為にあたるので、発覚した場合全額返金ということになります。

リフォームローンは建物以外には使えない、と覚えておくとよいでしょう。

預金口座からの引落でリフォームローンを返済

リフォームローンは住宅ローンや教育ローンなどと基本は一緒で、まずは金融機関が立て替え払いして、利用者が金融機関に対して返済していきます。月々の分割払いで返済するのが一般的で、指定の預金口座から自動引落で月々支払っていくのがほとんどです。

金融機関やリフォームローンの種類によって、支払日が変わってきます。毎月1回、決まった日に指定の預金口座からお金が引き落とされますので、それまでに残高が足りている状態をキープしなければなりません。残高が不足していると支払いが実行されず、次の日から延滞の状態になり、遅延損害金が発生しますので注意が必要です。

カードローンはリフォームローンに利用できるか

リフォームローンは住宅の改修目的で利用できるローンです。

改築やリノベーション等の大規模な改築であれば、金利が低く、所得税や住民税が軽減できるリフォームローンは非常にお得です。しかし、必要な提出書類が多いことがありますし、審査まで時間を要する場合があります。

大規模な改修でない場合は、リフォームローンのかわりにカードローンを利用するといいでしょう。個人利用であれば使い道は自由ですし、一定以内の金額であれば、本人確認ができる書類の提出だけで借入ができます。

また、銀行や信用金庫等ではリフォームを念頭に置いたカードローンを用意していることもあります。ローンで減税される見込みがなければ、検討するといいでしょう。

リフォームローンの関連ページ

ページのトップへ戻る