ロールカーテン 大阪、京都

英会話と京都、新宿、神戸と池袋

英会話を勉強するなら基礎となる文法は欠かせません。

これまでは会話には必要ないと言われることもありましたが、現在のようなグローバル社会ではきちんとした文法に基づいた英会話が求められます。

言葉のルールである文法を無視した会話では、特に仕事に関係するビジネス英語では、誤解が生じ困ったことになる可能性があります。

それではどの程度の文法が必要なのでしょうか。実は中学校で習う程度のもので構いません。実際の英会話でもそれが基礎となっています。

そして頻繁に使われています。このことからも、これからの英会話の勉強法は基礎となる文法を意識したものが良いといえるでしょう。

ページのトップへ戻る