ロールカーテン 大阪、京都

もくじ

  1. ドレープのカーテン
  2. 遮熱性に優れたカーテンの魅力
  3. 空間を仕切る事ができるカーテン
  4. カーテンで省エネを目指す
  5. カーテンとブラインドを使い分けよう
  6. 季節ごとに変えたいカーテン
  7. カーテンを購入する際のポイント
  8. 完全遮光のカーテン
  9. 静電気が発生しにくいカーテン

ドレープのカーテン

よく見かける様なドレープのカーテンというのはいいですが、何かありきたりな感じがすると感じているのであれば、思い切って柄や色だけではなくスタイル自体を変えてみてはどうでしょうか。イメージががらりと変わる事でしょう。

お部屋全体をモダンな感じにしたいのか、またはエレガントな感じにしたいのかという事によって選択肢はかなり違った物になるでしょう。更にDIYをしている人などであれば、窓枠を作って設置したりする人もいる様ですね。

そこまで本格的にするのは手間がかかる、という人でもカーテンを変えるだけでかなり変わると思います。簡単に試す事ができる方法ですので、取り入れてみてはどうでしょう。

カーテン大阪はカーテンエイト。高機能のカーテンを取り揃えています。

大阪の気候に適したカーテンで快適に。大阪以外でも兵庫(神戸)、京都、滋賀など、様々な地域に出張見積りを行っています。

遮熱性に優れたカーテンの魅力

かつては比較的涼しく過ごしやすかった日本の夏ですが、近年では40度近くの超真夏日が連続しています。太陽光を直接受ければ、部屋の中でも気温がぐんぐん上昇し、いわゆる熱中症の危険が出てきます。灼熱の太陽光を遮るには、オーダーカーテンがオススメです。

遮熱性に優れたカーテン素材を採用している商品を選べば、真夏日も快適に過ごせます。体感気温がカーテンの遮熱性によって下がるため、エアコンをガンガンにきかせる必要がなくなり、ただカーテンを変えるだけで、エコと節約にもなります。

激しい真夏日が訪れる梅雨の時期、その一歩前の大型連休期間にオーダーカーテンを頼んでおけば、丁度夏真っ盛りまでに素敵な住宅環境が得られるでしょう。

空間を仕切る事ができるカーテン

ただカーテンを窓に設置して、外からの視線を遮るだけではありません。実はカーテンは空間を仕切るという目的のために使用する事もできます。広い部屋を分けて使用したい場合などには、カーテンを使うと空間を分ける事ができます。

また、収納が十分にない物件であってもカーテンを利用する事によって、物置きを作るのもいいかと思われます。カーテンにはいろんな使い方があります。機能的な快適さを求めて利用する人はもちろんですが、場合によっては部屋のデコレーションとして利用している人もいるのではないかと思われます。お部屋で生活しながら、こうした方がいいのでは、と思われる部分を改善していくのもいいでしょう。

カーテンで省エネを目指す

できるだけ電気代を安くして節約するためにも省エネに注目している人も少なくないと思われます。その場合には遮熱効果が期待できるカーテンを取り付けるのもいいでしょう。

カーテンを買えると熱効率が良くなるという事もあり、エアコンをかけると、その快適な温度を維持しやすくなり、場合によっては一時的にエアコンの電源をオフにできる事もあるかと思います。

遮熱効果が期待できるカーテンは、部屋の環境を心地よくしてくれる事でしょう。季節が変わっても、そのままのカーテンを設置したままになっていませんか。

衣替えをする時期になると、それと一緒にカーテンも季節に合った物に取り換えてみてはどうでしょうか。

カーテンとブラインドを使い分けよう

お部屋の窓にはカーテンやロールスクリーン、ブラインドなど様々な種類の窓掛けがあります。窓掛けはお部屋のインテリアとしてだけではなく、毎日を快適に過ごすために欠かせないものです。

冷房や暖房効率を上げる目的であれば、カーテンが良いでしょう。室内に風を取り入れるという点から考えると、ブラインドの方が断然おすすめです。羽の角度を調整して明るさを取り入れつつ通風が得られるので、充分に省エネ効果が期待できます。

カーテンではなくブラインドであればデザイン面ではシャープな室内が演出され、窓周りがすっきりするので、お部屋が広々と感じられます。狭いリビングなどを広々と見せてくれます。

季節ごとに変えたいカーテン

1年を通してずっと同じカーテンを設置するという人もいるかと思われますが、中には季節によってその時期に合ったカーテンを設置したいという事もあるかと思われます。

季節ごとにカーテンを変えると、時期により温度が大幅に異なりますので、いつも快適に過ごしやすいという事がまず考えられます。また、時期によってカーテンを変えると、部屋の雰囲気も変わるという事が考えられます。

いつも同じカーテンばかりでは飽きてしまうという人は、いくつか購入しておいて交換するのもいいかと思われます。長期的に保管する前には、きっとお手入れをしっかりと行う場合が多いと思われますので、いつもきれいな物を設置する事ができるでしょう。

カーテンを購入する際のポイント

カーテンを購入する場合、一般的な家庭で使われるものには特に、生地にもこだわりが見られる店舗があります。自分の好みや必要性に合わせて新調できる会社や店舗は、大阪や神戸を中心に全国で見られます。

神戸や大阪のカーテン専門店であれば国産の生地だけでなく、世界的有名ブランドが使っている生地が使用されていたり、デザイン性の高い雑貨メーカーとコラボレーションされたものもあるため、さまざまな選択肢から選び抜くといった購入方法も可能です。

また、オフィスなどに設置されるブラインドやロールスクリーン、さらにカーテンレールやオーダーカーテンの取り扱いを受けている企業や店舗も見られます。

完全遮光のカーテン

部屋の中が少しでも明るいと、くつろぐ事ができないという人であれば、完全遮光のカーテンを手に入れるといいでしょう。

完全遮光のカーテンは、昼であっても閉めた状態であれば夜の様に暗く感じられる事もあります。完全遮光のカーテンは人によって好みが分かれる事もあります。カーテンの遮光の程度について必ずと言っていいほど記載されています。

カーテンの遮光というのは何段階にも分かれています。現在使用している物を基準に考えてみるのもいいでしょう。そして、季節によっては薄い素材の物を使用したり、もしくは厚い素材の物を使用したりします。そのため、明るさの感じ方というのは若干違ってくる事もあります。

静電気が発生しにくいカーテン

冬になると、特に静電気が発生する事が多いと思います。また、毎日開け閉めを行う事が多いカーテンについては静電気に悩まされている人もいる様です。また、静電気のためにカーテンにホコリが付着しやすくなり、それが時間と共に汚れとなってしまう事もあります。

そんな悩みを解決するためにも、静電気が発生しにくいカーテンというのも存在しています。静電気が発生しにくいカーテンは、普通に使用しているだけで、静電気を軽減してくれます。

カーテンをよりきれいな状態で使用する事ができるでしょう。また、パチパチと音がしたり、ひっついたりする事がなければ、きっと冬の寒い時期であったとしても扱いやすくなるでしょう。

ロールカーテン等のカーテン関連ページ

ページのトップへ戻る